処方箋応需の薬剤師求人

薬剤師求人TOP >> 職種から求人を探す >> 処方箋応需の薬剤師求人

処方箋応需の薬剤師求人

現代の医療は医薬分業制です。医師は診察や治療を行うことに専念して、薬剤の調剤は行いません。処方箋というのは薬の量や組み合わせ、そして使い方が書いてあります。処方箋応需の薬剤師はそれらの指示をチェックして、薬を調剤することになります。

医療がこのように分業されているのは、それぞれ「特化」して専門家として協力し合えるような大切を作り上げるためです。「医療」と一言でいってもその範囲は多岐に及びます。医術においてもそれぞれ分野が分かれています。そこにさらに「薬」という専門的知識が必要な仕事を付加すると、「医師」の範囲がとても広くなってしまいます。そのため、薬に関する部分は完全分業として切り離され、医薬品や調剤に関するスペシャリストとしての薬剤師が必要になります。

人が生きていく限り医療は絶対に必要なもので、毎日各地の病院では医師の診察によって自身の体調不良や辛い症状について診察してもらっている人がいます。それらの患者さんの症状を見極め、特化した治療が必要なのであればさらなる検査を行いますし、そうではなく内科での診察、そして投薬で改善できるのであれば処方箋を渡すことになります。処方箋は医師が記したその患者さんに対しての「病気の解決方法」でもあるということです。

処方箋を受け付ける薬局は通常であれば利便性がよくなるように病院の近くで営業していることがほとんどです。患者さんは自由に薬局を選ぶことができるのですが、体調が辛い時などに遠い薬局までウロウロするのはあまり好みません。ですから、ほとんどの場合では病院に隣接した薬局で勤務することになります。

薬剤師として求められる仕事は医師が記した処方箋をしっかりと再現するとともに、記されている内容にミスがないかどうかをチェックする役割もあります。実際に患者さんが服用する薬ですから、間違いがあってはいけません。さらに、渡す薬がどのようなものであるのかの説明を患者さんに行うことも仕事になります。

処方箋によって定められた薬を渡すのは一般医療の「出口」でもあります。相手をするのは体調の悪い患者さんであることも多いため、そのようなことに対する配慮も求められる仕事になります。ホスピタリティに溢れる人材が、全国の処方箋応需の現場では求められています。求人も多く存在していて、そのほとんどが病院の近くなど、より医療に近い現場になります。本当に患者さんが救われるのはそこで手渡す「薬」によるものですから、とても重要な仕事です。


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人ランキング【大手エージェントを比較中!】 All Rights Reserved.