服薬指導の薬剤師求人

薬剤師求人TOP >> 職種から求人を探す >> 服薬指導の薬剤師求人

服薬指導の薬剤師求人

薬は、種類によっては副作用が出る場合があるのは、薬剤師は当然理解していることです。ですが、それを服用する方にとってそのような常識は通用しません。「多少副作用がありますが、気にしなくてもいいですよ」などと軽いノリで言われてもただ不安になるだけです。内科治療において「診察」は現状把握と治療のロードマップを描くことであり、それは「医師」の仕事です。そしてそれを実際に行うのは「薬」であり、それを飲むのは「患者さん」です。患者さんがその薬を飲まなければ治療は成立しないことになります。

患者さんに対して服薬指導を行うのは薬剤師の仕事ですが、その「意味」は、患者さんに治療としてしっかりと薬を飲んでいただくことにあります。「説明はしました、とりあえず飲めば治りますよ」ではないのです。その薬を飲むかどうか、また指示された通りの服用方法を実践するかどうかは、患者さんの意志によります。少しでも不安に感じていたり、怪しいと感じていたりした場合、最悪その薬を「飲まない」という判断をしてしまうかもしれません。

すべての患者さんにつきっきりになって、「飲ませる」ことなどは到底できません。内科の治療では、実際に服薬するのは患者さんの意志です。だからといって、副作用を隠したまま服用してもらっても、その副作用に気がついた瞬間に飲むのをやめます。「知らない」ということは致命的です。意志や薬剤師からすると想定内のことであり、特に問題視していなくても、患者さんにとっては大問題であることもあるのです。

服薬指導は、それらのすべてを「説明」で補う仕事です。こまかいタイミングで服薬する必要がある場合は、それをしっかりと覚えてもらうこと、実践してもらうことが仕事です。その通りに服薬しなければ治療の効果が薄れてしまうのであれば、その旨も併せて説明することになります。

近年で一番求められていて、優秀な指導ができるからの求人が多くなっているのが服薬指導の薬剤師です。患者さんのライフスタイルまでも会話の中から聞き出し、うまくそれに合致するような服薬の仕方を提案することも大切です。

服薬治療において、実際に行動するのは患者さんです。その患者さんが間違いなく薬を飲むことができるように、服薬指導の薬剤師は患者さんひとりひとりに合った説明、指導を実践する「応用力」が求められています。より「人」を見ることができる人が求人では求められています。


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人ランキング【大手エージェントを比較中!】 All Rights Reserved.