薬歴管理の薬剤師求人

薬剤師求人TOP >> 職種から求人を探す >> 薬歴管理の薬剤師求人

薬歴管理の薬剤師求人

医療と薬はしっかりと連携することが大切です。また、人間の身体はみんな同じ構造ではあるものの、人によってアレルギーを持っているなど、それぞれ体質が違います。一般医薬品でもそのような体質やアレルギーに関しては細心の注意を払うのですが、より専門的な医療機関、病院などではより治療に特化した投薬を行うことになり、患者さんひとりひとりに対して最適な薬を提供することが重要です。

薬歴管理というのはそのように患者さんに特化して投与された薬剤の履歴を管理するともに、より患者さんの身体の特性を把握するための仕事です。患者さんが複数の診療科に通っている場合や、複数の病気を同時に治療している場合などにはこの薬歴管理はさらに重要な仕事になります。他の薬剤師が手渡した薬干渉を起こさないようにするため、医師が手渡した処方箋とこの薬歴を照らし

近年では患者さんの「セカンドオピニオン」に対する意識も高くなっています。セカンドオピニオンとは複数の医療機関で診察を受けることです。騒がれて久しい「医療ミス」から自分の身を守るため、自分自身で納得できるように複数の病院で診察を受けるということです。また、症状によって訪ねる病院を変えるなど、医療に対する意識は年々増加しています。そのような背景もあり、薬歴管理の薬剤師の求人案件は増加傾向にあります。病院内薬局での仕事も多く、より医療と患者さんに近い「現場」の仕事になります。

近年、これらの薬歴やカルテなどのデータは電子化が進んでいます。ですから薬歴管理の薬剤師もそれらを取り扱うためのコンピュータ、さらには専門的なソフトを利用できる必要があります。それは大規模な病院になればなるほど顕著なことであり、「入力業務」も薬歴管理の薬剤師の重要な仕事のひとつになっています。大切な患者さんのデータを取り扱うので、当然正確さが求められます。

カルテと同様に、患者さんひとりひとりの投薬の履歴を管理するものですから、その中にはひとりひとりの治療の歴史、闘病の歴史が刻まれています。その中から次の治療に対する方針や、投薬の方針を決定することもありますから、より患者さんに寄った仕事、より医師のサポートをする仕事として、責任感のある方が就くことが多いです。正確なデータ管理、的確な把握が、その患者さんの将来の治療のヒントになります。薬歴管理の薬剤師はそれらのライブラリをしっかりと管理する大切な役割を持っています。


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人ランキング【大手エージェントを比較中!】 All Rights Reserved.