調剤・製剤の薬剤師求人

薬剤師求人TOP >> 職種から求人を探す >> 調剤・製剤の薬剤師求人

調剤・製剤の薬剤師求人

薬剤師としてもっとも薬剤師らしい仕事といえるのが「調剤」と「製剤」です。医師の処方箋にしたがってそれぞれの医薬品を調整するのが調剤、そして同じように処方箋に従いながら、市販されていない薬剤を指示に従って調整して作り出すのが製剤です。両方とも医師の診断の結果、それを服用することが実際の治療になるという、医療にとってもっとも重要な最終局面です。

調剤にしても製剤にしても、ただ医師の処方箋に従って調整し、ただ患者さんに渡せばいいというものではありません。近年医療に求められているのは、「正しい現状、知識を患者さんに理解してもらうこと」です。その時患者さんがどのような状態で、それを改善するためには何が必要か、しっかりと理解してもらうことで患者さんも主体性を持って治療に向かえます。

それは医療機関を利用する側の患者さんのニーズでもあります。専門的な言葉を並べられて、ただ言った通りに飲めば良いというわけではなく、それぞれの薬がどのような役割があって、それらがそのときの症状の何に効くのか、それらをしっかりと把握し、理解してもらうことが必要です。

それらは治療の効果を上げることにも繋がります。ただ漫然と渡された薬を飲むだけではなく、それぞれの薬に意味を感じて服用することで、一回一回の服用に患者さんが重きをおけるようになるのです。調剤にしても製剤にしても、それぞれの薬の作用、そして飲み方をしっかりと指導することが大切で、それらの指導の「意味」を理解してもらうところまでが仕事になります。

調剤、製剤の薬剤師に求められるのは医師の処方箋をしっかりと確認してそれを完全に再現するだけではありません。それらの効果を高める服用の仕方をしっかりと患者さんに伝えることが大切なのです。つまり、「説明能力」が大切です。相手は医療に関しては素人です。風邪などの一般的な症状であれば何度も経験しているものですが、始めて罹った疾患などではとても不安を持っています。そのような方に対してのホスピタリティは絶対的に必要です。

医療の出口、治療のための最終仕上げとして調剤・製剤の仕事があります。薬を手渡すときに、病気に悩む患者さんの気持ちを少しでも和らげる、安心してもらうということも仕事です。求人では、そのことを理解している方が求められています。薬剤師としての本分でもある調剤・製剤の仕事は、誰もがイメージする「薬剤師」そのものであるといっても過言ではありません。


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人ランキング【大手エージェントを比較中!】 All Rights Reserved.