事務・デスクワークの薬剤師求人

薬剤師求人TOP >> 職種から求人を探す >> 事務・デスクワークの薬剤師求人

事務・デスクワークの薬剤師求人

薬剤師の仕事の特徴は「立ち仕事である」という点が共通しています。薬局での仕事にしても、病院での仕事にしても、そのほとんどが立ったままの業務です。その仕事に大切なのは「体力」だといえるほど、どの仕事も立って行うことが多いです。その中で資格を活かして「デスクワーク」がしたいと考えることは一見無謀に思えるのですが、実はそのようなことはありません。

資格が求められる仕事はさまざまなところに存在しています。それも多く見られるのは「デスクワーク」です。「実務経験」ではなく「薬剤師の資格」、つまり知識が求められるものが多く、医療現場、あるいは薬局などで実務を経験していなくでもいいというものがほとんどです。

どのようなところが資格を有する人の求人を出しているのかというと、ひとつは医薬品メーカーです。研究、開発に取り組む人員としてだけではなく、実際に製造した医薬品を取引する際も、知識が必要になることが多く、事務的なところから取引先との折衝まで、薬剤師の資格を活かして活躍できるフィールドは広がっています。さらに視野を広げてみると、医療機器メーカー専門にコールセンター業務を請け負っている会社なども有力な候補です。

薬局で薬を販売する、調剤、製剤をするだけが薬剤師の仕事ではないということです。「知識」というものは財産です。「資格」はその知識を裏付けするためのものであり、それらは多様化する現代社会において人に紐付いた大切な資源です。資格を持つ方に対して、一般的な薬剤師業務以外の仕事を求めることが、最近ではとても多くなっています。

一般的なワークスタイルとは少し違う仕事をしたい方は、そのようなデスクワーク、オフィスワークを主体にした求人を検討してみると、それまで自分が持っていた薬剤師に対するイメージが一気に変わります。自分が持っている資格、知識が、意外なところで役に立つことがわかるからです。

企業の管理薬剤師は主に薬事申請を担当するのが仕事であったり、医薬品の売買に関わったり、より「ビジネス」の領域に足を踏み入れることができるのです。幅広い仕事を求める方も、一度デスワークやオフィスワークスタイルの求人を眺めてみてください。働き方は固定されてはおらず、今の時代は資格がさまざまなカタチに花開く時代なのです。可能性を限定してしまってはもったいないです。資格を活かして、新しいフィールドに足を踏み入れてみるのもとてもやりがいがあることです。


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人ランキング【大手エージェントを比較中!】 All Rights Reserved.