治験コーディネーター(CRC)の薬剤師求人

薬剤師求人TOP >> 職種から求人を探す >> 治験コーディネーター(CRC)の薬剤師求人

治験コーディネーター(CRC)の薬剤師求人

医療は日々進歩し続けています。現代医療がどれだけ優れていても、すべての病気に対して治療が可能ではありません。どれだけ優れた医師であっても、その症状が把握できて具体的に悪いところがわかっていても、どうしても投薬でしか治療ができないということはたくさんあります。さらには、その時に存在している薬だけでは治療が適わないケースもあります。そのような病気に罹ってしまった患者さんは、新薬の登場を待ち焦がれているものです。

治験コーディネーターはそのような新薬開発の一端を担う仕事です。医療機関をサポートするSMO、治療施設支援機関で働き、実際に病院に赴いて実際に治療を受けている患者さんに治験の内容を説明するのが主な仕事です。「治験」とは実際に患者さんを対象として薬のテストを行うことです。取り扱うのはもちろん最新の医薬品です。一般には流通していない薬ばかりで、ケースによってはその薬がなければどうしても治療が進まないという患者さんもいます。そのような患者さんにとってはとても期待される、最新の薬ということになります。

治験コーディネーター、CRCではさまざまな資格を持った方が働いていますが、特に薬剤師の資格を持っている方のニーズは高いです。薬に特化した知識は、新薬に対しての理解も素早く、そして明確だという点でCRCの求人では薬剤師が歓迎されているケースが数多くあります。また、それを患者さんに対して説明するというプロセスも、一般的な薬剤師の仕事ともリンクしたものであるため、他の資格よりも優遇される場合もあります。

必要になる能力、素養として「治験」はただ新薬を投薬して経過を見るということだけではすみません。その患者さんを担当する医師、それをサポートする看護師、そして患者さんとのコミュニケーションが不可欠です。さらに、患者さんの症状が良化した際に達成感を共有することができるなど、医療従事者として求められる根本的な「想い」も重要です。

各関係者とのやりとりなども多く、それらは主にEメールで行われることも多いので、コンピュータを用いての事務仕事も不可欠になっています。また、ビジネスマナーがしっかりしていることは大前提です。治験チーム全体を調整する役目になりますから、状況を把握する力も求められます。最新の医療を開拓するという仕事内容は、志の高い方にとってはとてもやりがいを感じる仕事であることは間違いありません。


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人ランキング【大手エージェントを比較中!】 All Rights Reserved.