薬品・薬剤管理の薬剤師求人

薬剤師求人TOP >> 職種から求人を探す >> 薬品・薬剤管理の薬剤師求人

薬品・薬剤管理の薬剤師求人

医療にはさまざまな薬品が必要なのは誰もが知っていることです。病院においてもさまざまな薬品が治療に用いられることになります。医療現場ではさまざまな局面が生じます。たくさん用いられる薬から、使用頻度の少ない薬まで、さまざまな種類の薬が存在しています。「あまり使用しない薬」であっても、実際にそれが必要な局面が生じれば、「あまり使われないから備蓄がありません」ということは認められません。治療において「薬がない」という事態は緊急事態に発展しかねない恐ろしいことです。

さらに、それぞれの薬には特性があります。それぞれの薬に合った環境で保存しておかなければいけません。保存方法を誤ると薬剤、薬品が劣化して本来の薬効を失ってしまったり、さらには変質してしまったりすることもあります。医療にとって患者さんに対して実効力を持つのが「薬」です。医師の判断で適正なタイミングで適正に使用される必要があるのが薬です。それらを管理するのもまた、薬剤師の仕事です。

薬品や薬剤の管理の求人は主に病院が多いです。医師にとっての武器になる薬の数々を適正な量仕入れ、適正に保管する薬剤管理の仕事は患者さんにとっては影に隠れた存在ですが、医療機関にとっては縁の下の力持ちのような存在で、なくてはならないポジションです。

この仕事で求められることは「適正な供給」です。薬の種類によってだいたい月にどれくらい消費されるだろうということはある程度推測がつくのですが、時期によっては特定の疾患が流行したり、また外来の伝染病などが国内で一気に感染拡大したりすることもあるものです。それらの趨勢を読んで、適正な量を仕入れる必要があります。過不足無く供給できることが求められるのが、薬品、薬剤管理の大切な仕事です。

疾患発生のトレンドなどを把握し、薬剤に合わせた管理方法を実践するのも仕事です。使用期限が切れていないかどうかも確実にチェックします。医療の質の高さを決定付ける要素のひとつでもあるのが薬品・薬剤管理の仕事でもありますから、徹底した知識とその実践が求められます。病院内ではこの仕事に対して専門の薬剤師を配置することがほとんどですが、それはこの仕事が如何に重要であるかを示すものでもあります。

個々の患者さんに対して、ボックスに仕分けする形で医薬品を配分する業務も含まれる場合もあり、薬品・薬剤管理の求人では薬品管理の適性がもっとも重視されます。各メーカーへの発注業務なども含みますから、専門知識に加えてあらゆる事務能力が求められる現場です。


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人ランキング【大手エージェントを比較中!】 All Rights Reserved.