中小企業の薬剤師求人

薬剤師求人TOP >> こだわり条件別の求人事情 >> 中小企業の薬剤師求人

中小企業の薬剤師求人

基本的に薬剤師は安定した収入が得られる職種です。医薬品に関する専門知識を有していて、求める人にそれを「服薬指導」のようなカタチで提供するのが主な仕事ですから、環境や状況によっていわゆる「買い叩かれる」というようなことは少ないです。ですから、中小企業に就職したとしても、給与面での不利はほとんど発生せず、「環境の違い」というだけになります。

中小企業には大手企業にはないフリーケンシーがあります。言い換えると「融通が利く」ということです。どこからどこまでを中小企業と呼ぶのかはさておいて、単体もしくは数件の店舗で医薬品販売を展開している規模であれば中小薬局チェーンという言葉が当てはまります。これが大手であれば全国展開なのですが、地域に根ざしていたり、少しずつ拡大している途中であったりと、状況はマチマチでしょう。

そのような中小の規模で展開している店舗であっても、特に仕事内容に違いはありません。どのような環境であっても薬剤師として求められることは変わりませんから、実は求人内容も大手と中小ではあまり変わらないのが実際です。違いがあるとすれば、何かの事情で引っ越した際に、転居先には系列店がないことが多いなどで、負う責任、活かせる知識などにはほとんど差はありません。

自身の都合を優先するのであれば、中小規模の方が適している場合が多く、それは雇用体系から勤務体系まで、決済権のある人と身近に接することができるということです。大手では「本部」という概念が強くあり、何をするにしても本部に判断を仰ぐ必要があるという局面がとても多く見られます。現場の意志で、そのときの状況に適した判断を下すことができるのが、中小規模の醍醐味というわけです。

一般的に中小企業は苦戦を強いられることが多いという印象ですが、医薬品は人の生活に絶対に必要なものでもあり、薬局などは「廃れる」ということが少ない店舗です。町の薬局などは医薬品に加えて食料品、日用雑貨を取り入れることで医薬品以外の買い物もしてもらうことに躍起になってはいるものの、処方箋応需の薬局ではそのようなことも少ないです。

自身の都合、展望に合わせて職場を選ぶことができるのは、薬剤師が持っている「役得」でもあります。そして、どのような環境であっても条件には大差がなく、安定した収入を得ることができます。大手か中小かと悩むのではなく、自身の都合と希望をまずは検討することが大切です。


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人ランキング【大手エージェントを比較中!】 All Rights Reserved.