多科目の薬剤師求人

薬剤師求人TOP >> こだわり条件別の求人事情 >> 多科目の薬剤師求人

多科目の薬剤師求人

医療の種類以上に薬は存在しています。人の身体はさまざまな不調を発生させるものです。同じ診療科の薬であっても、症状によっては違うもので、それらのどれを用いるべきなのかはドクターが判断します。ひとつの診療科でも多くの医薬品を扱うのに、それがさらに複数の診療科にまたがると、取り扱う薬品は膨大になります。

多科目を前提としている薬局では、それらの膨大な医薬品を取り扱うことになります。多科目応需を実践している薬局の場合、総合門前であることも多いのですが、そうではない場合もあります。複数のクリニックが集中している地区の処方箋薬局である場合も多科目に渡った応需の仕事になります。

総合門前を志望する際のステップとして、そのような薬局で経験を積むことは大切です。総合門前では明らかにその病院の患者さんがほとんどを占めますが、複数のクリニックのそばにある場合は、複数の医院から患者さんが流れてくることになります。総合門前よりも多科目に至る場合もあります。

薬剤師の大前提として期待されている医薬品に対する知識が問われる現場でもあり、また経験として、そのとき流行している疾患に対してどのような薬が多く処方されるのかということを知る機会にもなります。特に内科の場合は服薬する薬がすべてですから、風邪ひとつにとってもどのような薬を処方するのが最先端なのかということを知りつつ、皮膚科でのトレンドも学ぶことができなど、薬剤師冥利に尽きる環境での仕事になります。

街なかの場合は一般医薬品の販売も行っている場合もありますから、総合的な薬剤師の仕事を知るためには良い機会であるといえます。得意な薬、知見の深い薬に偏りが出てしまうと、その後のキャリアにあまり良いとはいえませんから、あえて多科目の処方箋を応需する環境を選ぶことで、仕事人としてさらにブラッシュアップできることになります。

どれだけの人が一日に訪れるのかということや、近くにどのようなクリニックがあるのかということもポイントですが、一番気にしたいのは「どれだけの科目を取り扱うのか」ということです。

それがそのまま自分のキャリアになりますから、求人を選ぶ際には近くのクリニックを必ず確認してください。総合門前であっても、すべての科目を網羅しているわけではないので、自分が学びたいこと、知識を深めたい科目と照らしあわせた求人選びがポイントです。自身のステップアップのための環境は、じっくりと選んでください。


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人ランキング【大手エージェントを比較中!】 All Rights Reserved.